受験生をお持ちのお母さんが、

 

「受かるのかどうか。とっても不安なんです。」

 

とおっしゃるのは、どこのご家庭でもそうです。

 

成績が伸び悩み、思うような結果を出せない子の場合はもちろん、成績も安定していて万事順調に見える子のお母さんも、皆さん不安を抱えていらっしゃいます。

 

どうしてでしょう?

 

それは、「お母さん」が、世界中の誰よりもその子を愛している存在だからではないでしょうか?

 

ものすごく愛しているがゆえに、その裏返しとして、とてつもなく不安にもなる。

 

お父さんは?

 

お父さんももちろんそうですが(笑)、やはり、お母さんの愛情。

 

これは途方もなく深く、そして大きいのだと思います。

 

だからこそ、不安にもなるし、いったん不安になり出したら、もう、止まらない。

 

そしてその不安は…入試が終わるまで、続きます。

 

入試本番を迎え、合格発表でお子さんの合格を知るその瞬間まで。

 

「えー!?そんなの、耐えられません。今ですら、もういっぱいいっぱいなのに…」

 

皆さん、そうおっしゃいます。

 

でも皆さん、不安を抱えながら、それでも何とかわが子を信じ抜き、

 

合格を知った瞬間、本当に本当に喜び、

 

「信じて良かったです。本当にありがとうございました。」

 

とおっしゃって下さいます。

 

ですから、今はじっと、信じて、待ってあげて下さいね。

 

きっと、結果はついてきますから。

 

 

受験についてなど、教育相談はこちらからお問い合わせください。